よくある質問

ご利用に関する質問 part1

Q:ラクレアの使い方って簡単なの?

簡単です!
適量の水を流しながらスイッチを入れるだけです。難しい操作は必要ありません。

Q:どうして水も流さなくちゃいけないの?

配水管をスムースに粉砕ゴミが流れていくために、スイッチONと共に水を流してください。ラクレアは他社商品に比べ半分以下の水量で生ごみ処理ができます。

Q:ラクレアには何を入れてもいいんですか?

ラクレアに投入してはいけないゴミはあります。
生ゴミ以外は勿論ダメですが、生ゴミの中でも卵の殻、貝殻、太い骨、たまねぎの薄皮などは避けてください。粉砕はされますが、無機質の物質はバイオで分解されずドラムに蓄積してしまいます。
粉砕出来ないもの:金属、ゴム製品、プラスチック製品、ガラス、ビニール、木など、通常でもシンクに流せないものは投入しないでください。

Q:生ゴミの処理時間は?

投入された生ゴミの量にもよりますが、シンクからは10秒もあればゴミは無くなります。分解槽でバイオ処理されたゴミは、4~5時間程度で下水道に自動的に流れ出ていきます。

Q:ラクレアを使った時の電気・水道料金は?

1日の電気と水道料は合計で25円位です。
(※平均的な4人家族での試算)
ディスポーザは水を流しながら生ゴミを粉砕する生ゴミ処理システムです。
使用する水量は1日あたり水洗トイレを1回流す程度の水量です。
(※約2リットルの水を使い、1日2分(後流し含む)の使用。通常の洗い物に対して増量水量を60%とする。)

ご利用に関する質問part2

Q:ゴミはどれだけ入れられるんですか?

分解槽の処理能力は1.5㎏/日です。ゴミは継ぎ足しながら投入していけます。
処理が完了したゴミから順次、下水道に流れていきます。

Q:音はうるさいんですか?

ディスポーザーのスイッチを入れてる間は回転音がします。ドライヤーをつけたぐらいの音です。さらに、分解槽内のドラムが回転する音もしますが、ほとんど気になりません。

Q:布巾やコップを漂白したいときはどうしたらいいの?

いつも通りに行ってください!
ラクレアは排水口の蓋を閉めない限り分解槽に水等が入っていくことはありません。
蓋を閉めない時は、これまでのシンクの排水口とまったく変わりません。

Q:ディスポーザの中に箸やスプーンを落としちゃったら?

安全の為、手を入れる事はなるべく避けていただきたいですが、ラクレアは排水口に蓋をして初めてスイッチが入るので、落としたものは問題なく拾い上げてください。

設置に関する質問

Q:我が家のキッチンにもラクレアは設置可能ですか?

戸建て、集合住宅に関わらず設置できます。
詳しくはコチラの<ラクレアの設置条件>ページをご確認下さい。

 Q:今住んでいるマンションなど集合住宅にも設置可能なの?

<ラクレアの設置条件>に問題がなければ設置可能です。しかし、各マンションにより規程があるため管理会社などへご確認後、設置を行ってください。

Q:ラクレアの取り付けは自分で出来るの?

東京都の場合、東京都下水道局発行の条例等によりお客様ご自身で設置する事はできません。
また、他道府県のお客様におかれましても水漏れ等でキッチンを痛めてしまう懸念も御座いますので、当社指定の水道工事業者にて設置頂けますようお願いいたします。

メンテナンスに関する質問

Q:ディスポーザのお手入れはどうすればいいの?

ディスポーザ内の汚れが気になる時は、氷の小片を数個入れて運転してください。匂いが気になる時はレモンの皮を1~2枚入れて運転させるなど、ご家庭にあるもので簡単にお手入れができます。手を入れてゴシゴシ洗う必要はありません!

Q:一年に一回の定期メンテナンスって何ですか?

分解槽内には「バイオ溶液」が入っています。その溶液は約1年で無くなるので補充が必要です。さらに、分解槽内のドラム清掃も必要となります。溶液とドラムはセットでパッケージ化されています。パッケージを取り外し新しいパッケージと交換が必要となるので、交換時期が近づいてきたら「お客様相談室」よりご連絡いたします。
交換時に他社製品のような強い臭いは発生することも一切ありません。

Q:ディスポーザが故障した時は?

万一、分解槽のドラムの運転の音がいつもより大きくなった等、おかしいかな?と感じましたら当社「お客様相談室」に御連絡下さい。迅速に対応致します。その他、お問い合せもお気軽にどうぞ!

環境・規制・助成金に関する質問

Q:ディスポーザ排水処理システムってなに?

ディスポーザ排水処理システムとは、ディスポーザで粉砕した生ゴミを含む排水を、排水処理装置で処理してから下水道に流すもので、下水道へ与える負荷が増大しないことを目的とした専用処理槽を通しての生ごみ処理の事を指します。

Q:ディスポーザ排水処理システムの適合評価製品ってなに?

日本下水道協会が定めた「下水道のためのディスポーザ排水処理システム性能基準(案)」に基づき、審査され適合評価を受けた製品システムと言うことになります。ラクレアはすべて関係法令、関係基準等を遵守している適合評価製品です。

Q:自治体の使用規制とかはどうなってるんですか?

ディスポーザで粉砕しただけの生ゴミをそのまま下水道に流すのは全国の自治体では禁止されています。しかし、排水される水質基準をクリアした「適合評価製品」の利用は逆に利用を奨励されており、助成金が支給される自治体もあります。
ラクレアは「適合評価製品」です。

Q:助成金について教えて下さい

 各自治体の情報はコチラでご確認ください。

Q:生ゴミを下水に流して環境に影響はないの?

ラクレアであればまったく問題ございません! 
諸外国でも実験の結果、自治体の汚水処理施設、再生処理施設など公共設備の整備がきちんとされているなど、インフラが適正であれば、ディスポーザは「環境に優しい、便益性の高い機器」として高い評価を得ています。
生ゴミの70・0%は水分です。適合評価製品のディスポーザ排水処理システムを使えば、焼却ゴミの総量が減るだけではなく、焼却炉の温度を高温に保つ事が出来ます。
そして、ダイオキシンは、塩素を含む物質を燃やすと発生しますし、塩分は焼却炉のボイラーのパイプが腐る原因にもなっていました。
焼却される生ゴミが減れば、生ゴミに含まれる塩分も減るので、ダイオキシンやCO2発生の削減になります。