ディスポーザーで細かく粉砕した生ごみを、
バイオ(菌)の力で水とガスに分解します。生ゴミは残りません。

ラクレアはディスポーザー+生ゴミ処理機!!

ディスポーザーで細かく粉砕した生ごみを、
バイオ(菌)の力で水とガスに分解します。生ゴミは残りません。
奥さまの強い味方! “ラクレア”

奥さまの強い味方! “ラクレア”

奥さまの家事にかかる無償労働額は年間約300万円。
生ゴミ処理が無くなるだけでどれだけ家事が楽になるでしょう。
生ゴミは下水に流しましょう!

生ゴミは下水に流しましょう!

生ゴミは下水に流しましょう!
< >

今話題の家庭用ディスポーザー。
一度使ったら、もう手放せません!
熱処理をせず環境に優しくエコロジーにも配慮した新設計!
生ゴミはシンクへ直接流してしまう時代がやって来ました。


家庭用ディスポーザー・ラクレアは主婦のアイデアとバイオの力から生まれた、日本が世界に誇る新しいタイプのディスポーザー排水処理システムです!。
毎日の生ごみを直接ディスポーザーで粉砕し、バイオの力で水と炭酸ガスに分解、そのまま下水へ流す事が出来る画期的なエコ型生ごみ処理機です。
これでもうキッチンはいつも清潔!さらに、生ゴミの臭いも同時にシャットアウト。
戸建てでもマンションでも、ごみ袋へ生ごみを入れる嫌な作業はもう必要ありません。
戸建て用ディスポーザーとして新築・中古住宅を問わず設置可能で、ディスポーザーと分解槽が
一体となっているため、面倒な外部の分解槽設置工事が不要です。簡単施工で低価格を実現しました!

家庭用ディスポーザーのあるキッチン

新生活提案“ラクレア”

ラクレア設置事例

弊社が設置したラクレアの設置事例を画像にてご覧いただけます。

ラクレア設置事例①
写真①
綺麗に収まっています。
右に寄せて設置していますので、左側のスペースは空いています。

ラクレア設置事例②
写真②
正面からの写真です。
浄水器とラクレア、両方設置する事も勿論可能です!

ラクレア設置事例③
写真③
しっかりとドアも閉まります。
ラクレアが有る事でキッチンを狭く感じる等といった事はありません!

業務用生ゴミ処理機

業務用生ごみ処理機の種類

熱処理型
熱処理型熱処理型の特徴は有機性廃棄物を分別せずに炭化して熱分解し、200~300分の1程度まで減容できることです。焼却ではありませんので焼却炉に必要な自治体への設置申請が不要で、ダイオキシンの発生も排出基準値内におさまります。また、炭化分解の過程で電気や化石燃料は使わず(計器や付属品には電力が必要です)、ランニングコストが大幅に安く済みます。

 

バイオ型(消滅タイプ)
バイオ型(消滅タイプ)バイオ菌の働きによって生ごみを分解します。分解後の生ごみ自体の量が限りなくゼロに近いのでここでは消滅型と表記します。焼却しないので煙の発生が無く、CO2・ダイオキシンの発生がありません。焼却炉ではない為、装置の法的手続きが不要です。
機械本体は撹拌方式である為、稼働音が低く構造がシンプルなので故障が少ない。
消滅タイプの処理機は現在東京都築地市場にて稼働中、豊洲への移転にあたって3台が導入される予定です。

 

バイオ型(リサイクルタイプ)
バイオ型(リサイクルタイプ)バイオ菌の働きによって生ごみを分解します。環境型循環社会に適応しており今までになかった生ごみ等を圧縮・撹拌させるため同一の筺体の中に2つの処理槽を有し、処理槽ごとに効果的に撹拌するための特殊な二軸式スクリューを取り付けてあります。
分解処理をした有機堆肥原料はミネラルの豊富な肥料・飼料が作れます。
 

設置をご検討中の業者様にあったタイプの機械をご提案致します。
機械の種類にも熱処理式・リサイクル式・消滅式とそれぞれゴミ処理の方法が違います。
また、ゴミの種類によっても機械の種類が替わります。

詳しくは Calmart をご覧ください。
カルマート

LaClearとは?

主婦のアイディアと日本の技術から生まれた次世代の生ゴミ処理機“LaClear(ラクレア)”

生ゴミは下水にそのまま流す時代に

生ゴミはいつもどうやって捨てていますか?
シンクの角にある三角コーナー。
スーパーで貰ったビニール袋、等々。
夏場はどうしても匂いが気になりますし、ヌメヌメや虫が湧く原因にもなります。

ラクレアなら生ゴミは排水口へ投入しスイッチを入れるだけ!
250gもの生ゴミだって"たった12秒"で粉砕!もうあのヌメヌメや嫌な臭いとはオサラバです!

製品仕様

p1
【分解槽】
電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力:30W
本体寸法:高430×幅317×奥行402(mm)
本体重量:13.3kg
処理能力:1.5kg/日
p1
【ディスポーザー】
電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力:300W
本体寸法:高345×幅140×奥行158(mm)
本体重量:4.2kg
回転数:2,800 RPM

安全面にも完璧な配慮を

ラクレアはフタが開いたまま回転することは絶対にありません。
フタを閉じる=運転開始となるのでとっても安心・安全です。
72時間使われないと電源が自動で切れる設計になっているので、旅行等で電源を切らずに留守にした場合でも安心です。

適合評価取得

適合評価書

ほとんどの自治体では、生ゴミを細かく粉砕しても勝手に下水に流してはいけないという条例があります。
しかし、日本水道協会が作成した基準をクリアし、下水道局が認めた排水処理システムには「適合評価」が与えられ、設置を推奨する自治体もあります。

LaClear分解のメカニズム

ラクレアは生ゴミを粉砕するディスポーザとバイオ処理槽の2つの装置が使われていますが、バイオ処理層は日々のメンテナンスを必要としません。
ラクレアのディスポーザは回転時の破砕音が約60デシベルと従来品と比べると非常に静音で、ふたスイッチを採用しているのでさらに静音・安心設計です。

生活排水から自然還元までのフロー

ラクレアは植物や動物をバクテリアが分解して土に還すという自然界の浄化作用をお手本に作られてます。

kinou2

1:ディスポーザー

水を流しながら、生ゴミを投入しスイッチを入れます。生ゴミは水とともに回転し、可動式ハンマーにより側壁に押し付けられて粉砕され、側壁やランナーの小穴から排水室に押し流され、排水トラップを経て分解槽へ流出されます。

2:分解槽

ディスポーザーで粉砕された生ゴミはすべて分解槽の中に流れ込みます。スパイラルに着床されているバイオが生ゴミ分解のため活動を始めます。

3:直接放流

生ゴミは、ラクレアの中で、バイオによる分解等をうけ放流できる状態にしてから直接公共下水道へ流します。

分解のメカニズム

p1
【流し口に投入】
調理クズや食べ残しなど、生ゴミをシンクの流し口に投入します。

p1
【ディスポーザーに収容】
生ゴミが水とともにディスポーザーに流れ込み、超高速粉砕されます。
p1
【分解槽に収容】
粉砕された生ゴミは分解槽に流れ込みます。
p1
【バイオ分解開始】
ドラムの回転により粉砕生ゴミは着床材の中に散らばり、バイオが活動を始めます。
p1
【分解開始数時間後】
粉砕生ゴミとバイオが接触し、ほとんどの生ゴミが分解処理されてしまいます。
 
一般家庭から排出される生ゴミの量は、1日750gといわれています。無理な投入は控え、朝・昼・夜に発生したその分をその場で処理してください。その日に発生した生ゴミは、翌日までにはきれいに処理されています。
洗剤を使った洗い水、漂白剤などは、直接水口に流されるようになっており、バイオには一切影響がないように設計されています。

設置に関すること

ラクレアの設置条件

設置

  • シンク下のキッチンキャビネット内に以下のスペースが必要であること
    幅=425mm以上 奥行=410mm以上 高さ=450以上
  • キッチンシンク排水口の形状が丸型(115mm 170mm 180mm 185mm)であること
  • ほとんどの生ゴミは処理できますが、一部処理できないゴミもあること
  • シンク下の収納扉が引き出しタイプの場合、一部改築の必要があること

※詳しくはお問合せください。

製品仕様

p1
【分解槽】
電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力:30W
本体寸法:高430×幅317×奥行402(mm)
本体重量:13.3kg
処理能力:1.5kg/日
p1
【ディスポーザー】
電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力:300W
本体寸法:高345×幅140×奥行158(mm)
本体重量:4.2kg
回転数:2,800 RPM

カタログをダウンロード   取扱説明書をダウンロード

安全に関する注意

  1. ご使用前に「取扱説明書」をよくお読みのうえ、正しくお使いください。本商品は生ゴミ処理機です。生ゴミ以外の投入は避けてください。また、処理能力を超える量の投入は避けてください。取付け工事、メンテナンスについては当社または指定業者が責任をもって行います。
  2. 品質保証について・・・この商品には保証書を添付しております。ご購入の際は必ず記載事項の確認をし、大切に保管してください。
  3. 商品をより良くするため、仕様・外観は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
  4. 下水道管理担当局より年1回の定期保守点検が義務付けられておりますのでお客様には常に最良の状態でご利用いただけます。